サイト内検索(有料コンテンツは除く)
中国市場への視点
    [
  1. TOP
  2. 中国市場への視点
  3. -中国市場における消費財の潜在的ニーズの調査について ]


中国市場への視点 ~中国市場における消費財の潜在的ニーズの調査について

Q.
弊社が日本で販売している消費財を、中国でも販売したいと考えております。この商品はまだまだ新しい商品でもあるため、中国では潜在的なニーズがあるのか、調べたいと考えております。 どのような調査方法があるのでしょうか?

Ans.Ans.
御社がご希望する潜在的なニーズを調査するため、方法としてはヒアリング調査を提案いたします。 この場合には、ヒアリング調査の対象者を選定し、ヒアリング内容を構築・調整していくことになります。また調査数(サンプル数)やヒアリング調査の手法を確定していきます。

―調査企画(例)―

1.ヒアリング調査対象者とターゲット層

❏都市:北京市、上海市、広州市
❏性別:男性/女性
❏年代:~1970年代生まれ/1980年代生まれ/1990年代生まれ
❏所得層:所得層:10,000~15,000元/月

2.ヒアリング調査対象者と調査数(サンプル数)



3.ヒアリング内容(調査対象となる商品・製品にあわせ、ヒアリングすることが可能)



なお調査手法について、電話やインターネット、1対1のヒアリングや会場型など、ご相談や予算に応じてご提案ができます。 中国の大都市においては、日本で販売されている商品がすでに流通していることはあります。しかし、これから展開していくという商品もございます。そのような商品の場合、潜在的なニーズや発展していく土壌があるかなど、調査していくことをおすすめいたします。


▲ページトップへ


メルマガ登録

商談コーディネーター

マッチングサービス

よくあるご質問

今週の中国経済市場情報

中国市場(マーケット)への視点

中国販路開拓コラム

中国ビジネス実務指南


友だち追加

▲初回無料コンサルクーポン配布中▲


ページトップへ