[オフィシャル・レポート]
中国資本市場の発展
2020年への挑戦


  
中国資本市場の監督管理機関と世界銀行との共同執筆による初の公式報告書を訳出。
  70年代以降の経済改革とともに歩んできた市場改革の経緯を辿り課題を検討。2020年までの戦略的見通しを示す。
 

書名

[オフィシャル・レポート]
中国資本市場の発展2020年への挑戦

価格

2,400円(税別)

発行日

2009年1月29日

体裁

A5判/178ページ

著者

中国証券監督管理委員会[著]
大和総研[訳]/大和総研(上海)諮詢有限公司[訳]

発行

中央経済社

訳者まえがき

  1978年以来の小平主導によって進められてきた改革開放政策と社会主義市場経済体制の下で,中国経済は,周知のとおりの目覚しい発展を遂げた。最近の経済指標によれば,国内総生産(GDP)2兆6,447億ドル(世界第4位),GDP成長率10.7%に達する一方,貿易黒字は昨年の2,622億ドルから今年は大幅に減少すると見込まれ,安価な製品の輸出拠点から膨大な消費市場へと変貌を遂げている只中にある。
  本書は,2020年という中期的な経済成長の完成に向けて,経済成長の新たな段階に入った現在の中国の資本市場に関して,その監督機関である「中国証券監督管理委員会」が2008年3月に発表した「中国資本市場発展報告」の邦訳である。中国資本市場は,内外のさまざまな層の投資家から注目され,世界経済における重要性が高まる中で「資本市場」としての整備を進めてきた。しかしながら,中国資本市場はあくまで「社会主義」の上に乗った「市場経済」の中で構築されているものであり,非常に魅力的であるが一般的な理解が難しい面があるのも事実である。 このような中で,今回,中国資本市場の発展過程の中枢にある中国証券監督管理委員会自身が作成した本報告の日本語版を上梓できることは,誠に時宜を得たものである。
  本報告は,「はじめに」と「4つの章」からなっている。第1章は中国資本市場の簡潔な歴史,第2章は近年のさまざまな市場改革の概要,第3章は現在の中国資本市場が直面している課題とそれに対する挑戦,第4章は2020年を見据えた中長期的な戦略と見通しを記述している。各章とも,図表やコラムを配置し,非常に見やすくまとめられている。 本書の訳出にあたっては,以下の点に留意した。まず,本報告は監督当局自身によって執筆されているため,事実部分は詳細かつ整然と述べられているが,意見部分の表現にはやや過剰な面もないわけではない。
  本書は訳書であるから原文の記述を変えることはできないが,各語のもつ真意の訳出に留意した。また,中文と合本で作成された英語版も大いに参考にした。英語版は世界銀行のスタッフが翻訳しており,その正確性は概ね信頼できる。時に大幅な意訳や訳出の脱漏などもあったが,我々と同じ自由主義経済の目で中文の真意を分かりやすく表現しようとした結果でもあるので,英中両文の記述を見比べながら,日本の読者にとって分かりやすい訳文の作成に配慮した。
  我々が本報告の翻訳を行うことになったきっかけは,当社の中国現地法人大和総研(上海)諮詢有限公司が,平素から交流のあった中国証券監督管理委員会の胡法務副局長と本報告の執筆責任者である祁斌チーム・リーダーから,本報告の日本の投資家やビジネスマンへの紹介について打診を受け,翻訳書として出版するに至ったものである。このような書物は鮮度が重要であるので,さまざまな関係者の協力を得て,短期間のうちに完成にこぎ付けることができた。
  日本語版の作成許諾においては,多忙な中,中国証券監督管理委員会の尚福林主席と祁斌チーム・リーダーにご尽力頂いた。また,日本での出版にあたっては,株式会社中央経済社代表取締役社長の山本時男氏ならびに執行役員常務の江守眞夫氏の協力を頂いた。図書の出版自体は本業ではない訳者にとって,心強い存在であった。中文と訳文の整合には,大和総研(上海)の張暁光副総経理のほか,当社産学連携調査部中国チームの鄭淑琴研究員の協力を得た。本書のこのような早期の完成は,これらの方々の協力なしにはなしえなかったであろう。この場を借りて,感謝申し上げる次第である。 本報告は,さらに韓国語版も計画中であると聞いている。社会主義市場経済という特異な基盤の上に形成された中国資本市場が,この報告の各国版を通じて幅広く世界に認識され,グローバル市場の中での位置付けがより明確になることを願うものである。

2008年夏 北京オリンピックの年に
訳者 しるす

目  次

訳者はしがき i

序 v


はじめに 
1


第1章 
中国資本市場発展小史    3

第1節 中国資本市場の誕生(19781992年)/4

第2節 全国的な資本市場の形成と初期の発展(19931998年)/12

第3節 資本市場の更なる規制と発展(19992007年)/24

第4節 国家経済と社会的発展における資本市場の役割/40


第2章 
近年の主な資本市場政策と市場改革           53

第1節 国務院の「資本市場の改革開放と安定的発展の推進に関する若干の意見」/54

第2節 非流通株改革/57

第3節 上場企業の質的改善/64

第4節 証券会社の包括的な構造改革/70

第5節 発行制度の改革/75

第6節 資産運用業界の市場化と機関投資家の育成/82

第7節 資本市場に関する法制度の段階的発展/88


第3章 
中国資本市場の課題と挑戦
           95

第1節 資本市場には全体的な規模の拡大と構造の最適化が必要/96

第2節 市場の機能を一段と健全化し,効率化を高める必要あり/109

第3節 上場企業の総合力を高め,コーポレート・ガバナンスと外部監視体制も強化を/120

第4節 証券会社の総合競争力は脆弱/124

第5節 投資家構成が理想的でなく,機関投資家は小規模かつ成熟度に差/129

第6節 法律規範環境を改善し監督機能の有効性と法執行効率を高める必要あり/138


第4章 
中国の資本市場:戦略と見通し    143

第1節 戦略目標と基本原則/144

第2節 発展戦略(20082020年)/148

第3節 中国資本市場の展望(2020年)/158

 


《ご注文》

書棚からのお客様 → この画面を閉じて、前画面の書棚で“カゴへ”をクリックし、商品を                追加してください。
書棚以外からのお客様 → 書棚Aへ移動してお買い求めください。

Copyright© 2005 ChinaWork Co., Ltd. All Rights Reserved.