中国ビジネス戦記
−−商社マンが描く現代中国事情

 

田中 則明 /著

大好評につき、第4刷出来!
中国ビジネスの原則はいつの時代も変わらない−−

 

●長年にわたり現地で陣頭指揮をとってきた著者。身を持って体験した数々のエピソードから、生きた中国人・風土がリアルに浮かび上がってきます。

●なぜ、あの商談がうまくいかなかったのか。なぜ、このプロジェクトが難航しているのか・・・。中国ビジネスのノウハウ・コツが明確につかめます。

●中国人にとって1番大切なのは何か?日本人との共通点と相違点は?中国的価値観のポイントをおさえ、中国人とのつきあい方を具体的に指南します。





 



本書は戦いの記録である。 
だが、その戦いは従来の「国」と「国」との戦いとは趣を異にしたものであった。
人は、次のような様相を呈した戦いを何と呼ぶのだろうか・・・

 (本書まえがきより)
 

中国ビジネス戦記表紙
著  者 田中則明
本体価格 本体2,381円+税
発  行 1999年9月(2005年7月第4刷出来
体  裁 A5判 165頁
出  版 ぎょうせい


※田中則明氏関連ページ
 ・「100万人の中国語」−−めざせ!ビジネス中国語の達人
 ・田中則明氏の各種著書−ブックフェア・ページ

 

《目 次》

第1章 なぜ私が

一商社マンの、中国との出会いから

1.東京→台北→東京(1973−1975)
2.東京→香港→東京(1975−1983)
3.東京→上海→東京→上海→東京(1983−1998)
4.等身大の中国人
5.なぜ今、中国理解が必要なのか
6.体系的理解は可能か

第2章 中国を理解する上での心構え

1.日本、日本人のものさしをあてはめないこと
2.歴史の理解が不可欠である
3.大づかみにすること
4.固定観念で見ないこと
5.中国人の言うことを鵜呑みにしないこと
6.できる限り自分の目で見ること
7.それでも日本人が最も理解しやすい立場にあるものと心得よ

第3章中国の基礎知識

1.地勢
2.人口
3.民族
4.言語
5.歴史
6.宗教
7.政治
8.経済

第4章 中国的価値観

1.中華思想
2.中国的人文主義
3.中国的家族主義
4.中国的「コネ」
5.中国人にとっての「お金」
6.中国人にとっての「食」
7.中国人の多面性
8.中国人と文学
9.中国的実在論

第5章 中国人と日本人

1.付き合っていく上で注意すべき点
2.共通点
3.中国語は日本人にとっては最もやさしい外国語
4.21世紀の日中関係を考える

第6章 中国ビジネスの諸問題

1.入り口を間違えていないか?
2.戦線拡大が速すぎないか?
3.天の時、地の利、人の和
4.10年後は誰が経営するのか?
5.その他の問題

 心弦社 語学塾
     100万人の中国語入門コースのご案内
100万人の中国語入門コース」の詳細



書棚からのお客様 → この画面を閉じて、前画面の書棚で“カゴへ”をクリックし、商品を追加してください。
田中則明氏著書ブックフェアからのお客様この画面を閉じて、ブックフェアのページでお買い求め下さい。
○上記
以外からのお客様 → 書棚Aブックフェア・ページへ移動してお買い求めください。

 

Copyright© 2001 ChinaWork Co., Ltd. All Rights Reserved.